育菌美容で潤い肌に

肌の育菌

 

育菌美容とは、肌に住む菌を育てて肌に潤いを取り戻す美容方法。

 

今まで与える美容がメインでしたが、育菌美容では自分の肌の力を上げる自活肌美容になります。

 

肌に住む菌を育てることで自ら潤う肌になれるというわけです。

 

肌に住む菌は、腸内環境と同じく善玉菌、日和見菌、悪玉菌に分かれます。

 

悪玉菌が繁殖すると肌の状態が悪くなります。

 

また、悪玉菌が増えることで日和見菌も悪玉菌に加算して肌にとって悪い働きをすようになります。

 

一方、善玉菌は肌のうるおいを作ったり肌を弱酸性に保つ働きをしています。

 

善玉菌がいうことで肌を乾燥から守り悪玉菌や雑菌の繁殖を防いでいます。

 

育菌美容では、肌にとって良い働きをする善玉菌を増やすケアをしていきます。

育菌美容法

スキンケア

 

育菌美容は、菌を育てる美容法ですので菌が減ってしまうケアを減らします。

 

菌が減ってしまう原因は洗顔やスキンケアに使われる化粧品の成分にあります。

 

洗顔

 

洗顔ではほとんども菌が洗い流されてしまいますが、洗浄力の強い洗顔料などを使うことによって角質の奥に隠れている菌まで根こそぎ洗い流してしまうため菌が増えにくくなります。

 

肌に優しい洗顔料で優しく手早く洗うのが必要以上に善玉菌を減らさないコツになります。

 

化粧品

 

洗顔後に使われる保湿剤に殺菌防腐成分や乳化剤は含まれていませんか?

 

殺菌防腐成分は悪い菌も殺してくれますが、善玉菌も死んでしまいます。

 

乳化剤は菌の細胞を破壊するといわれていますので乳化力の強い合成界面活性剤などを配合した化粧品には気を付けた方が良さそうです。

 

化粧品で育菌美容

 

保湿には、善玉菌を増やす成分を配合した化粧品があるのでそちらがおすすめです。

 

通称「美肌菌化粧品」と言われていますが、塗るだけで善玉菌を増やしてくれるので簡単に育菌美容ができます。