美肌菌の効果

美肌菌

 

美肌菌が肌にいいと聞くけど、そもそも美肌菌って何?

 

美肌菌を増やすと本当に肌がきれいになるの?

 

と思われているのではないでしょうか?

 

そもそも美肌菌って?

 

美肌菌とは、皮膚に住む菌の仲間で表皮ブドウ球菌という善玉菌です。

 

この菌は、古い角質や皮脂、汗などをエサとして生き、自分が生きやすい環境を保つために保湿成分であるグリセリンを生産し、悪玉菌の繁殖を防ぐために肌を弱酸性に保ち、雑菌から守るため抗菌ペプチドの生産をサポートしていると言われています。

 

皮膚に住む菌の仲間は腸内環境と同じく、善玉菌、日和見菌、悪玉菌がいて、善玉菌が減り悪玉菌が増えることで、肌老化の原因になっている肌の乾燥が起こり、雑菌や悪玉菌が繁殖しやすい肌になり、善玉菌が生きていけない(減少する)環境になってしまいます。

 

このことから善玉菌が生きやすい環境は、私たちにとっても肌のうるおいが保て、雑菌や悪玉菌の繁殖が防げる肌環境になるため、肌老化予防や肌トラブル予防に貢献してくれていると言えます。

 

このように肌を美しく保つ働きをしてくれている菌ですので、愛称として「美肌菌」と呼ばれ始めたようです。

美肌菌の驚く美肌効果

 

美肌菌にはどんな美肌効果があるのでしょうか?

 

調べてみました。

 

肌に潤いを与えてくれる

 

美肌菌は、皮脂や汗を食べ保湿成分(グリセリン)を精製してくれています。

 

そのことによって肌に潤いを与え肌表面が潤うことで、角質内の保湿成分の蒸発を防ぎ生成しやすくなり、角質内が潤うことで、肌に透明感が生まれます。

 

ふっくらした弾力のある肌に

 

肌の表面が潤うことで角質内の保湿成分生成やコラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力成分の生成をサポートする働きで、ふっくらしたハリのある肌を保つことができます。

 

雑菌や悪玉菌の繁殖を防ぐ

 

美肌菌は雑菌や悪玉菌が繁殖しないよう肌を弱酸性に保ち、抗菌ペプチドの生成を促してくれています。

 

そのことによって、雑菌や悪玉菌が繁殖しずらくなるため、肌トラブルが少なくなると言われています。

紫外線をカットする力も強くなる

 

美肌菌が多い肌は、肌バリアが強化されているため紫外線が直接肌に届かないことから、日焼け時の肌へのダメージも少ないと言われています。

 

抗酸化作用

 

美肌菌は、フリーラジカル(酸化作用)を無効化する力も持っているため老化予防にも役立ちます。

 

このように、いくつもの美肌効果を期待できます。

 

特に、乾燥肌、しみ、しわ、くすみ、たるみなどの肌老化予防にくわえ、悪玉菌が増えることで肌トラブルになっていると言われるアトピーやニキビ、脂漏性皮膚炎などの肌質改善にも役立っています。

 

また、まだまだ未知な部分もありますのでさらなる効果を期待できるかもしれません。

 

ここまで知るとどんなふうに美肌菌を増やすのか気になりますよね。

 

美肌菌を増やすスキンケア方法

 

美肌菌を増やすスキンケアは大きく分けて2つ。

 

自分の肌から採取した美肌菌を培養し肌に戻す方法と、肌にいる美肌菌を増やす方法の2つです。

 

どうしてこの2つしかないかと言われれば、美肌菌は他人の物では生存不可能で自信の美肌菌を増やすしかないからです。

 

美肌菌を培養し肌に戻す方法としては、専門の機関にて採取~培養を依頼し手元に自分の美肌菌を定期的に送ってもらい補充するようになります。

 

そうしたサービスを取り扱っている機関も少なく費用はそれなりに高額になります。

 

自分の肌にいる美肌菌を増やす方法は基本的に手頃で簡単です。

 

美肌菌が減る一番の原因となっている洗顔に気を付け、美肌菌が増える成分を配合した化粧品を使う事で簡単に美肌菌を増やす事ができます。

 

美肌菌を増やす事によって美肌を保つことができる期待はできますが、急ぎ過ぎは禁物です。

 

肌は、ターンオーバーすることで美しい肌を保っています。

 

1日や2日使った、実践しただけで肌が変わるわけではありません。

 

最低でも1ヶ月間、肌の調子が良くない場合は、もっと気長にケアしていく事をおすすめします。